ヨドバシカメラで値引き交渉

私は、以前までヤマダ電機やヨドバシカメラなど、休日には近隣店舗へ足を運び値段の調査を行ってから

商品の購入を決めていました。

ただ、時間も労力も使うので、業界で一番値段が安いなと印象を受けたヤマダ電機を、家電量販店の最安値企業としてとらえています。

ただ、ポイントの還元率が非常に高いヨドバシカメラで購入するほうがお得感が強いため、値段はヤマダ電機を参考しています。

購入はヨドバシカメラにしています。

その際の値引き交渉術はずばり、他店の値段を伝えるだけでおわらないことです。

例えば、ヤマダ電機が値段が安い時、店員さんに聞いてみると

「これは展示品しかもう残っていないんです」といわれることがあります。

ヨドバシカメラに行くと、値段はヤマダ電機よりも高い。

ただ、在庫がある。

その時に、ヤマダ電機の値段を伝えて、さらに値段を写真で撮影することです。

さらに私は、ヤマダ電機からヨドバシカメラへ移動した費用の話や時間の話を織り込んで

商談を行います。

ヤマダ電機は展示品しかないことを伝えてしまうと、

ヨドバシカメラの方にも、展示品なら同じ値段にしますがと逃げられてしまうので、

展示在庫限りでこのお値段を出していましたと伝えるようにします。

価格交渉は、撮影をすること、背景を知ること。

交渉するためには説得力のある情報を提供することです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ